【予約受付型】予約ページでの空き時間の判定条件

予約ページ上の空き時間(予約可)の判定について

連携しているカレンダー上で予定が登録されていても、その予定に参加しないケースもあると思います。以下のような予定は、お客様に表示される予約ページでは空き判定として扱うことができます。
 

・予定が登録されているが、欠席として返信している
・自分自身の備忘録として、予定を登録している(実際には空き時間)

 

この記事では、予約ページ上で選択できる空き時間を判定条件を説明しています。
事前に把握して、無駄のない日程調整を行っていきましょう!

 

 

空き時間の判定条件

自動的に判定される空き時間
Googleカレンダー連携の場合
Outlookカレンダー連携の場合
Garoonと連携している場合

キーワードで判定される空き時間
空き時間判定キーワード

 

自動的に判定される空き時間

連携しているカレンダー上の予定状態によって、予約ページ上が選択できる空き時間(予約可)がどのように扱われているか説明します。

 

Googleカレンダーと連携している場合

 

条件1:予定の作成方法

「予定」「サイレントモード」「外出中」
予定として扱います。
以下の「条件2」で予定あり・予定なしの判定をご確認ください。
 

「タスク」「予約枠」
予定として扱わないため、予定なし(予約可)と判定されます。

 

条件2:予定の役割と出欠確認の返答状態

Googleカレンダー上の予定の役割出欠確認の返答状態によって、予約ページ上で選択できる空き時間の扱いが変わってきます。

 


Tips 主催者かつ作成者(または参加者)の場合は、主催者の判定が優先されます。

 

 

 

予定の役割

役割 詳細
① 作成者 その予定を作成した人です
② 主催者 その予定の主催者です
③ 参加者 ゲストとして招待された人です

 

例1)
社員Aが自分のカレンダーに、社員Bと社員Cをゲストとして登録した予定
・作成者:社員A
・主催者:社員A
・参加者:社員A、社員B、社員C

 

例2)
社員Aが社員Bのカレンダーに、社員Cをゲストとして登録した予定
(代理登録して社員Aは参加しない場合)
・作成者:社員A
・主催者:社員B
・参加者:社員B、社員C


 

 
予定の返答状態

返答 詳細
① 未回答 なにも返答していない状態です
② はい その予定に出席する状態です
③ いいえ その予定を欠席する状態です
④ 未定 その予定への出欠が未定な状態です

 

 

Outlookカレンダーと連携している場合

Outlookカレンダー上の予定の役割と出欠確認の返答状態によって、予約ページ上で選択できる空き時間の扱いが変わってきます。

 

 

 

 

予定の役割

役割 詳細
① 開催者 その予定を作成した人です
② 出席者 その予定に招待された人です

 

例1)
社員Aが自分のカレンダーに、社員Bと社員Cを出席者として登録した予定
・開催者:社員A
・出席者:社員B、社員C

 

例2)
社員Aが社員Bのカレンダーに、社員Cを出席者として登録した予定
(代理登録して社員Aは参加しない場合)
・開催者:社員B
・出席者:社員C

 

 
予定の返答状態

返答 詳細
① 未回答 なにも返答していない状態です
② はい その予定に出席する状態です
③ いいえ その予定に欠席する状態です
④ 保留 その予定への出欠を
保留にしている状態です

 
 

Garoonと連携している場合

Garoon上の予定の役割と出欠確認の返答状態によって、予約ページ上で選択できる空き時間の扱いが変わってきます。

 

 
Check※1 Garoonで出欠確認が利用できるのは、Garoonシステム管理で「出欠確認の使用」を許可しているときのみになります。

 
 

予定に対する役割

役割 詳細
① 登録者 その予定を登録した人です
② 参加者 その予定に参加予定の人です

 

例1)
社員Aが操作をして、自分を含んだまま社員Bと社員Cを参加者として登録した予定
・登録者:社員A
・参加者:社員A、社員B、社員C

 

例2)
社員Aが操作をして、自分を外して社員Bと社員Cを参加者として登録した予定
(代理登録して社員Aは参加しない場合)
・登録者:社員A
・参加者:社員B、社員C

 
 
予定の返答状態

返答 詳細
① 未回答 なにも返答していない状態です
② 出席 その予定に出席する状態です
③ 欠席 その予定に欠席する状態です
④ 許可されてない 設定で「出欠確認」が利用できない状態です

 
 
 

キーワードで判定される空き時間

予定の役割と出欠確認の返答状態に関わらず、ランチタイムなど個別に予定を空き時間として扱いたい場合もあると思います。
そのような場合には、「空き時間判定キーワード」を使ってみましょう!

 

空き時間判定キーワード

設定したキーワードが、連携カレンダー上の予定タイトルの先頭に含まれている場合、その予定を空き時間として扱うことができます。
Tips 予定の役割や出欠確認の返答状態に関わらず、空き時間として扱われます。
 
 
 

1.ダッシュボード>設定した予約ページの「詳細設定」>左メニュー「詳細設定」>空き時間判定キーワードの「キーワードを追加」をクリックします。

( 画像をクリックすると拡大表示します )

2.キーワードを入力し、「追加」をクリックします。
(キーワードは最大10個まで設定可)

( 画像をクリックすると拡大表示します )

3.「変更を保存」をクリックします。

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

設定例

例えば、空き時間判定キーワードに [空き時間] と設定します。
連携カレンダー上で、予定タイトルの先頭に [空き時間] と入力すると、予約ページ上ではその予定の時間帯は空き時間と判定され、予約可能になります。

 

▼空き時間判定キーワード

▼カレンダー上の予定タイトル

 

 

このように、連携カレンダー上の状態によって、登録済みの予定であっても空き時間と判定されます。

 

ぜひご活用くださいませ!