【予約受付型】予約確定時にチャット通知

チーム用の予約ページでのみでご利用いただけます。

Slackの場合は個人用の予約ページでもご利用いただけます。

 
予約確定時にメールだけでなく、チャットでの通知も可能です。
現在はSlack、Chatwork、Microsoft Teams、Google Chatのみ対応しております。
CheckMicrosoft Teams(Webhook)は未対応

 

もくじ

チャット通知のイメージ
チャット通知の事前設定
予約ページごとのチャット通知の設定
予約時にチャット通知が来ないとき

 
 

チャット通知のイメージ

予約確定時にその予定の参加者のみに通知されます。
参加ルール「誰か一人が参加」の場合、予定に参加する1名のみに通知されます。

チャット通知の内容

・利用された予約ページ
・日時
・参加者
・お客様の情報(会社名、氏名、メールアドレス)
・お客様が予約フォームで入力された情報
・場所(会議室) ※会議室候補を設定時のみ
・Web会議URL ※会議形態を「Web会議」で設定時のみ

チャット通知のイメージ

 

▼Slack

( 画像をクリックすると拡大表示します )

▼Chatwork

( 画像をクリックすると拡大表示します )

▼Microsoft Teams

( 画像をクリックすると拡大表示します )

▼Google Chat

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 
 

チャット通知の事前設定

1.チャットと未連携の場合は、まずチャット設定からお願いします。
Slackのチャット設定方法
Chatworkのチャット設定方法
Microsoft Teamsのチャット設定方法
Google Chatのチャット設定方法

 
2.メンション通知をご希望の場合は、「社員情報」で各社員の以下項目を設定してください。
SlackのDM通知をご希望の場合は、「社員情報」で各社員のSlack IDを設定してください。
 
■設定項目
・Slack ID
・Chatwork ID
・Google Chat ユーザー名 (メールアドレス)

 
■設定方法
社員情報の設定方法
各ビジネスチャットのID確認方法
 
CheckMicrosoft Teamsは設定不要です。社員情報のメールアドレスとMicrosoftアカウントのメールアドレスが一致しているときにメンションされます。
Check予約ページの参加者にのみメンション通知されます。

 
 

予約ページごとのチャット通知の設定

ダッシュボード画面で、左上のタブを選択して、予約ページの右側にある「詳細設定」をクリックします。
 

 
 
 

「チャット通知」項目から設定し、「変更を保存」をクリックします。

 

①チャット通知

「有効にする」にチェックしてください。

②通知先チャット

通知するチャットを選択してください。
Check「チャット設定」で有効になっているチャットのみ表示されます。

③通知先グループ

■Slack
1.「参加者にDM通知する」又は「指定チャンネルに通知する」を選択します。

Check個人用の予約ページの場合は、「参加者にDM通知する」のみ設定可能です。
Check「参加者にDM通知する」の場合、参加者の「Slack ID」の設定が必要です。アカウント情報または社員情報から設定してください。

 
2.「指定チャンネルに通知する」を選択したときは「通知先channel名」を入力してください。
 

3.通知先チャンネルがプライベート(非公開)の場合は、チャンネルにSlack連携を行ったSlack管理者アカウントを追加してください。

 

■Chatwork、Microsoft Teams、Google Chat
1.以下を入力します。
・Chatwork:通知先グループチャットID
・Microsoft Teams:通知先チームのリンク、通知先チャネルへのリンク
・Google Chat:通知先Webhook URL

 

Tips入力情報の取得方法はこちら
Check個人用の予約ページの場合は、チャット通知できません。

 
2.Chatworkの場合は、通知先グループチャットに通知用アカウントが追加してください。
Microsoft Teamsの場合は、通知先チーム・チャネルに通知用アカウント(Microsoft365アプリケーション管理者)が追加してください。

 
 

予約時にチャット通知が来ないとき

以下をご確認ください。
 

1.「チャット設定」からの「テスト通知」が問題なく完了するか、テスト通知が届くかご確認ください。テスト通知がエラーになる、または届かない場合は、以下ページの『テスト通知がエラーになったとき』の内容をご確認ください。
 

Slackのチャット設定方法
Chatworkのチャット設定方法
Microsoft Teamsのチャット設定方法
Google Chatのチャット設定方法

 

2.チャンネル・グループチャットへの通知の場合、該当の予約ページの「詳細設定」>「社内チャット」>「通知先channel名」が正しく設定されているかご確認ください。
Tips入力情報の取得方法はこちら

 

3.チャンネル・グループチャットへの通知の場合、予約ページの参加者の社員が通知先グループに参加しているかご確認ください。

 
4.SlackへDM通知の場合、「社員情報」で各社員の「Slack ID」が正しく設定されているかご確認ください。
TipsSlack IDの取得方法はこちら

 

5.チャットツールごとに以下ご確認ください。
 
■Slack
・通知先チャンネルがプライベート(非公開)の場合、『Slackとの連携設定』を行ったSlackの管理者アカウントが通知先チャンネルに追加されているか。
 
■Chatwork
・通知先グループチャットに来客用アカウントが追加されているか
「社員情報」の「Chatwork ID」をCSVで登録している場合、入力しているCSVの項目が合っているか。
アカウントIDで設定する場合、項目「Chatwork アカウントID」に入力。
チャットワークIDで設定する場合、項目「Chatwork ID」に入力。

 
■Microsoft Teams
・通知先チーム・チャネルに来客通知用アカウント(Microsoft365アプリケーション管理者)が追加されているか
・来客通知用アカウント(Microsoft365アプリケーション管理者)で再度『Microsoft Teamsとの連携設定』を行ってください。
※Teamsに受付通知しない期間が90日以上ありますと、Microsoftの仕様上、90日間使用していないトークンは有効期限が切れますので、再度連携設定が必要になります。
 
■Google Chat
『Google Chatとの連携設定』の手順で再連携をお試しください。