【予約受付型】バッファ予定の使い方

確定している予定の前後に、次の予定への移動や準備などにかかる作業分として、予約を入れられない時間帯(バッファ)の設定ができます。

 

予約ページ上のみでバッファを指定することや、実際に確定予定の前後にバッファ予定をカレンダー上に登録することができますので、用途によって設定してみてください。

 

 

もくじ

設定箇所
「バッファ」とは?
「バッファ用カレンダー予定の自動作成」とは?
バッファを組み合わせて利用する場合の注意点

 

 

設定箇所

左側メニューの「詳細設定」項目で設定することができます。

 

 

「バッファ」とは?

お客様が操作する予約ページの画面で、既に確定している予定の前後に予約を入れられない時間帯を指定できます。

 

連続して予定を入れられてしまうと、その予定に対する移動や準備の時間を確定できない。といった問題を解消できます。
既に連携カレンダー上に登録されている予定に対して、余裕をもって新たに予定を受け入れたい場合にご活用ください。

 

 

例えば、以下のようになります。

 

1、社内の会議が10:00から11:00にある場合

 

2、予定の前後[30分]は予約できないよう指定すると、

 

3、予約ページ上、9:30から10:30が選択不可になります

 

 

「バッファ用カレンダー予定の自動作成」とは?

予約ページからお客様が予約確定した際に、その予定への移動や準備などにかかる時間帯として、予約確定された時間の前後にバッファ予定を連携カレンダー上に自動作成できます。

 

お客様との予定で、移動や準備にかかる時間帯にもかかわらず、社内などから他の予定を入れられることを防げます。
予約ページから確定された予定の前後に、バッファ予定を作成し予定確保しておきたい場合にご活用ください。

 

 

例えば、以下のようになります。

 

1、「バッファ用カレンダー予定の自動作成」を、前後[60分]で設定している場合

 

2、予約ページからお客様が、10:00から11:00で予約確定すると、

 

3、連携カレンダー上に、確保された予定の前後にバッファ予定(設定した前後60分)が自動作成されます

 

 

バッファを組み合わせて利用する場合の注意点

上記の「バッファ」と「バッファ用カレンダー予定の自動作成」を組み合わせて利用する場合には、以下の注意点があります。

 

「バッファ用カレンダー予定の自動作成」で作成されたバッファ予定に対して、予約ページの表示上でさらに「バッファ」が有効になってしまいます。

 

 

例えば、以下のようになります。

 

1、「バッファ」と「バッファ用カレンダー予定の自動作成」を利用している場合

 

2、予約ページからお客様が予約確定して、バッファ予定が作成されている

 

3、この状態で予約ページを表示すると、バッファ予定に対してさらにバッファが有効になってしまいます

 

 

このような状態になってしまいます。
これを回避するためには「空き時間判定キーワード」を利用しましょう!
Tips 空き時間判定キーワードについて、詳細はこちらをご覧ください。

 

空き時間判定キーワードに「バッファ」と入力します。
この設定により、連携カレンダー上に登録されている予定タイトルの先頭が「バッファ」になっている予定が、空き時間と判定されます。

 

この状態で予約ページを表示すると、バッファ予定については空き時間と判定され、実際にお客様と予定している時間帯に対してのみ、バッファが有効にできます。

 

これで、バッファ予定に対してさらにバッファ表示させることなく予約ページを表示できます。

 

 

 

予約ページで、既に登録されている予定に対して前後に入れられないようにするためのバッファ。
お客様が予定確保した際に、連携カレンダー上に自動的に作成できるバッファ予定。

 

ぜひ有効に活用して、余裕をもって会議を実施してくださいませ。