【予約受付型】参加メンバーに連携が完了していないエラーが出る

RECEPTIONISTの調整アポ(予約受付型)を利用するには、Googleカレンダー 又は Outlookカレンダーと連携していることが前提となります。
※WEB会議としてZoomのURLを発行する場合には、Zoom連携も必須になります。

 

そのため、各カレンダーやZoomと連携していない参加者を追加した場合や、もともと追加していた参加者が個別に連携解除してしまった場合には、連携が完了していないため警告アイコンが表示されます。

警告アイコンが表示されている状態だと、その予約ページは利用できませんので、警告が出ている参加者に連携していただく必要があります。

 

連携されていない状況によって、以下の設定行っていただくよう連絡しましょう!

 

【1】個人ごとに連携する方法
【2】全体認証として管理者が連携する方法
【参考】全体認証と個人認証の違いについて(Google連携のみ)

 

 

連携をする方法

 

【1】個人ごとに連携する方法

警告が出ている社員アカウントで、外部連携のページにアクセスして、この画面から連携をおこなってもらいます。

 

「個人のアカウントで認証」の項目に連携したいツールが表示されている場合、該当の「接続」ボタンを押して連携してください。

 

「個人のアカウントで認証」にGoogle Workspaceが表示されない場合

調整アポの組織アカウントとして、全体認証の設定になっています。
この場合は、調整アポの管理者アカウントでしか連携ができません。

 

以下の連携方法を調整アポの管理者アカウントに伝えて、Google Workspaceの連携を確認してもらってください。

 

 

【2】全体認証として管理者が連携する方法

調整アポの管理者アカウントで、外部連携のページにアクセスして、この画面から連携をおこなってもらいます。

 

「組織全体で認証(調整アポ用)」の項目にGoogle Workspaceが表示されている場合、「接続」ボタンを押して、必ず特権管理者権限があるGoogle Workspaceのアカウントで連携してください。

 

全体認証で連携しているが、一部社員で警告アイコンが出る場合

全体認証の場合、調整アポのアカウントに登録されているメールアドレスと、連携しているGoogle Workspace上のメールアドレスが一致している必要があります。
Check メールアドレスが一致していないアカウントの場合、Google Workspaceと正常に連携ができません。

 

この場合は、警告アイコンが出ている社員のメールアドレスを確認して、必要に応じて調整アポのアカウントに登録されているメールアドレスを変更してください。

 

 

【参考】全体認証と個人認証の違いについて(Google連携のみ)

Googleカレンダーをご利用の場合には、全体認証と個人認証のどちらかの設定になっています。

全体認証とは

調整アポ(RECEPTIONIST)の管理者アカウントの操作より、特権管理者の権限を持つGoogleアカウントと1度連携するだけで、他の一般社員アカウントは自動で自分のGoogleカレンダーと連携できる仕組みです。
Tips 調整アポのアカウントに登録されているメールアドレスと、Google Workspace上のメールアドレスで自動連携されます。

 

個人認証とは

調整アポ(RECEPTIONIST)のアカウントごとに、自身でGoogleカレンダーと連携する仕組みです。