Google Workspace連携方法(全体認証)

Google Workspaceとの連携において、個別認証(各社員、個人個人での認証)ではなく、管理者様の方で組織全体での認証も可能です。

 

Tips個別認証(各社員、個人個人での認証)をご希望の場合はこちら
 
 

もくじ

事前準備
Google Workspace連携時の注意点(全体認証)
Google Workspace連携方法(全体認証)
社員の登録メールアドレスについて
連携に使用したGoogleアカウントについて

 
 

事前準備

1.全体認証は、調整アポ(予約受付型)の会議形態「Web会議」「その他」のみに対応しております。
以下は非対応になりますので、ご了承ください。
・調整アポ(予約受付型)の会議形態「来訪」
・調整アポ(予約受付型)の複数人調整(3社間以上の日程調整)
・調整アポ(候補提案型)
Tips「予約受付型」と「候補提案型」の違いについてはこちら
 

2.全体認証には、Googleの特権管理者アカウントが必要になります。

 

3.全体認証のお申込みが必要となります。
全体認証をご希望の場合は、お問い合わせください。
弊社での全体認証への切り替え完了後ご連絡します

 

 

 

Google Workspace連携時の注意点(全体認証)

社員の登録メールアドレスについて

調整アポにご登録の各社員のメールアドレスが、Google Workspace連携に使用したGoogle特権管理者アカウントと同じGoogle Workspaceテナントに登録されている必要があります。登録がない社員のGoogleアカウント情報は取得できないため、連携できません。
 
▼確認手順
Google Workspace連携に使用したGoogle特権管理者アカウントで、Google Adminにログイン>「ユーザー」>【調整アポにご登録の各社員のメールアドレス】が登録されているかご確認ください。

 

▼調整アポ上のアカウント情報(社員情報)のメールアドレス
appo-tips1
▼Google Admin上の「ユーザー」のメールアドレス

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

連携に使用したGoogleアカウントについて

全体認証は「各社員のGoogleアカウント情報の取得できる権限」を持ったGoogleアカウントでの連携が必要となります。権限がない場合は、連携できません。

 
▼確認手順
Google Workspace連携に使用したGoogle特権管理者アカウントで、Google Adminにログイン>「ユーザー」>Google Workspace連携(全体認証)で使用したGoogleアカウント名をクリック>「管理者ロールと権限」>開いた画面で以下「確認事項」をご確認ください。

 
▼確認事項
・「特権管理者」が「割り当て済み」になっているか
・「ロールの範囲」が「すべての組織部門」になっているか
 (「すべての組織部門」でない場合は、調整アポにご登録の社員が所属している組織か)
・「条件」を設定されていないか
 (設定されている場合は、調整アポにご登録の社員がその条件に当てはまるか)

 
▼Google Adminの「管理者ロールと権限」

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 
 
 

Google Workspace連携方法(全体認証)

CheckGoogleの特権管理者アカウントで行ってください。
 
1
予約ページの設定画面にログインして、右上にあるアイコンをクリックし、「外部連携」を選択します。

 
2
「組織全体で認証」の「接続」から連携します。

 

3
連携するGoogleの特権管理者アカウントを選択します。

 
4
RECEPTIONISTとの連携確認の画面が表示されますので、右下の「許可」ボタンをクリックします。

 

5
連携が正常に完了すると、画面上部に「管理者を認証しました。」と表示されます。

 
6.Google Workspaceが「接続解除」になっていれば、連携されています。

 
 

これでGoogle Workspace連携は完了です。